TOPへ戻る

2024.02.02 NEW 静電気

静電気を抑える

静電気をたまりにくくする方法ってないのかな?
除電するのも大変だし除電できないとこもあるじゃない?
初めから静電気が起こりにくくできたらいいな。
対策としてこういうものがあるよ
①湿度を高くする
②帯電防止剤を使う
③帯電防止製品を使う

①湿度を高くする

まずはじめに「湿度を高くする」ことから話していくね。

湿度を高くするっていうのは「空気中の水分にプラスの電子とマイナスの電子が移動する」
っていうことだよね!
最初に教えてもらったところだね。
そうだね。
加湿器、噴霧器などで湿度を管理することで対策ができるよ。
空気中にも水分が多く含まれていて、水も電気を通すからだね。
湿度を高くすることで、発生した電気は空気中の水分に流れ去っていくという原理だね。

②帯電防止剤を使う

次に「帯電防止剤を使う」について話していくね。
そもそも「帯電防止」っていう言葉は聞いたことがあるかな?
うーん。なんとなくわかる気がするけど説明ができないな。
教えて!
帯電防止っていうのはね、静電気の発生を抑制ことなんだ。
物質が摩擦などで帯電するのを抑える処理を指すこともあるよ。

例えば合成繊維やプラスチックは静電気が発生しやすくて、帯電すると刺激を受けたり精密な機械を
壊しちゃうこともあるよね。
そういうときは帯電防止の処理をすることで、静電気の発生を抑制するんだ。

そうなんだね!
帯電防止の処理か~。
そこで使うのが帯電防止剤っていうこと?
そうだね。
帯電防止剤とは、読んで字のごとく物品が静電気を帯びるのを防ぐために用いられる薬品だね
プラスチックやゴムなどの絶縁体に静電気を蓄積させないための対策としてもとしても使われているんだ。
帯電防止剤をプラスチックに塗布したり練り込んだりすることで、チリやホコリの付着を防いで、キレイな見た目を保ったり、フィルム同士がくっつきにくくなったり、日常生活や工場作業でも役に立つんだ。

少し詳しく説明すると、帯電防止剤は界面活性剤とも呼ばれることもあるんだ。
この界面活性剤が空気中の水分の一部を吸収することで、物体にに水の膜のようなものができるんだ。
その膜のようなものを通して静電気が逃げていく、という仕組みなんだよ。

帯電防止剤ってこんな仕組みだったんだね!

自分で塗ったりするのは確かに自由度があっていいよね。
でもやっぱり製品としてあるものを使いたい時もあるなー。
そういうグッズってあるの?

帯電防止グッズを使う

もちろんあるよ。
実は帯電防止グッズっていうのはすごく種類があって、
使う場所や用途によって、いろいろな製品があるんだ。

一般的には、電子部品の包装に使われている「帯電防止袋」や作業台などに使われている「導電マット」
他にも静電気対策という意味ではガソリンスタンドなどにある「導電シート」があったりするね。

関連製品